柏市ネタ

千葉県柏市がAI開発と実用化の中心に!?産総研が東大柏キャンパスにテストベッドを整備

こんにちは!テクノロジーの話題が大好きで、柏市の話題に最も関心を持つきよふみ(@Kikki_Sato)です。

もしかしたら、千葉県柏市が日本の人工知能(AI)開発の中心になるかもしれませんよ!

千葉県柏市がAI開発と実用化の拠点になる!

産業総合研究所が千葉県柏市の東大柏キャンパスにAI開発の拠点を設置するというニュースがありましたよ。これは、柏市民としては見逃せない。

産総研がAI検証環境を整備、工場やコンビニなど再現

産業技術総合研究所は、人工知能(AI)技術を工場や小売りなど、さまざまな産業の利用シーンで試す「テストベッド事業」を2018年度に始める。工作機械や半導体製造装置を配置した工場、コンビニなどを再現した環境を用意する。センサーやロボット、機械からデータを集め、AIで解析し、運用最適化する。産業界にとってはAIをビジネスに導入するためのデータ収集法やAIのアルゴリズム、計算負荷など検証できる。

経済産業省の16年度2次補正予算から約150億円を投じ、臨海副都心センター(東京都江東区)と東京大学の柏IIキャンパスにテストベッドをそれぞれ整備する。

産総研がAI検証環境を整備、工場やコンビニなど再現」より

詳しいことはテーマが難しすぎるので、わかりませんが、東大の柏キャンパスにAI技術の応用をするための施設を設置することは間違いなさそう。

どんな開発をするんだろう?

AI開発のテストベッドとは言ったものの、どんなことをするのか全く分からないので、いろんな資料を見て調べてみました。もちろん、東大柏キャンパス拠点の活動を中心に(露骨なひいき)笑

 東大の柏拠点では、千葉県柏市や市民と連携して、人間の生体データや行動データを収集する。拠点で物体や人物の動きをデジタル化する「モーションキャプチャー」などの計測装置で精密なデータをとり、日常生活でウエアラブルセンサーからデータを集める。

さらにウエアラブル端末から得た粗いデータを拠点での精密データで補強し、健康状態や運動管理などの高度なサービスに利用できるようにする。

AIアルゴリズムの改良で低品質データが解析できると、センサーをより簡易化して事業が採算ラインにのるなど、産業界はAIの活用モデルを精査できる。設備投資に補正予算、研究活動費に産総研の内部予算や企業との共同研究予算を当てる。50社以上との共同研究を目指す。

産総研がAI検証環境を整備、工場やコンビニなど再現」より

柏市を提携してウェアラブル端末からのデータをあつめ、いろいろなサービスへの応用を考えることを目指すそう。AIの活用範囲を広げることができそう!AIの研究をしたい学生は柏にいらっしゃいって感じですね。てか、柏市でもっとアピールしてほしい…

一方、柏Ⅱキャンパス(千葉県柏市柏の葉6ノ2ノ1)では、現在のラグビー場などを建設地とする予定。研究棟の施設規模は3階建て延べ約6000平方㍍を想定している。同キャンパスではこの他、サーバー棟(延床面積500~600平方㍍)の建設も計画しており、設計施工一括発注の手続きをすでに進めている。

AIのグローバル研究拠点整備に向けては、経済産業省が16年度第2次補正予算に195億円を計上。産総研は補助を受けた上で産学連携の研究ハブ<3030>拠点を設け、ロボットや医薬、サービスなど延べ50社以上との研究開発を行うことになっている。

臨海と柏にAI研究施設を建設 産総研より

めっちゃくちゃひろいです。

提携先が広そう。私たちが思っている以上に、AIの応用範囲を広げることを目指してそうです。実現したら、AIが生活にさらに浸透して生活が激変するかもしれません。(てか確実に激変する)

産総研には、具体的な方針が書かれています。

米国のIndustrial Internet、ドイツのIndustrie 4.0などとのAI国際競争に伍していくため、我が国が国際的に優位性のある「ものづくり」とその「良質の現場データ」を活かしたAIの社会実装が必要です。

 

1.フレキシブル・MEMSセンサ等を用いたIoTデバイスの開発
産総研と、東大とが連携して、人、環境、ロボット等をセンシングするセンサ・デバイスの開発を行います。

2.開発したセンサの検証と活用サービスの開発
産総研と、東大とが連携して、生活・介護模擬環境で、当拠点で実生活に即した高精度なラボデータを構築するとともに、柏市との連携で実社会計測からビックデータの取得を行い、センサを用いたデータサービス事業や介護ロボット等による生活サポート事業等の効果を検証する地域として、超高齢社会への対応や地域の健康増進に寄与することを目指します。

3.大規模・省電力クラウド基盤の整備
産総研と、東大とが連携して、世界最大・最速級の人工知能クラウド ”ABCI” を整備し、得られたデータを解析することで、生活・サービスの知能化を目指します。

東京大学、経済産業省産業技術環境局と産業技術総合研究所が「(仮称)グローバルAI研究拠点」に関する協定を締結」より

これ、すごいですよ。目指すところが世界の最先端だということがわかります。

これからの開発が超楽しみ!!

詳しい資料がpdfでありました。

次世代人工知能フレームワーク・テストベッドの研究開発

まだちゃんと読めていませんが、相当詳しく計画が書かれています。日本発のAIデバイスが生活の中にたくさん浸透したらいいな~

これだけは頭に入れて帰ってね!

東大柏キャンパスがAI開発と実用化の拠点になるぞ!

考えてみてね

現在のAI開発がどこまで進んでいるのか調べてみましょう

では、ばいなら

柏のネタはこのブログでいっぱい書いているので、ほかにもよかったらどうぞ。

ABOUT ME
kikki sato
このブログの管理人です。気ままに思ったことを書いていきます。性格はかなり気分屋でのんき。楽しいと思えることやりたいし、発信したいです。
この記事を読んだ方はこちらもおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください