名言

いつ自分が死んでも悔いがないように生きているのか?(『あした死ぬかもよ?』より)

こんにちは!きよふみ(@Kikki_Sato)です。

今回はこちらの名言を共有したいと思って記事を書きました。

死はあなたに突きつけます。

「このまま死んだように生きていていいのか?」

死はあなたに突きつけます。

「おまえの一番大切にしたいことはなにか? なぜそれをやらない?」

死はあなたに突きつけます。

「自分だけよければいいのか?」

自分はいつか死にます。寿命でなくなるのか、何かしらのトラブルなのかはわかりませんが、事実いつか死にます。

有限の命しかないのに、一番大切なこと、やりたいことをすることなく自分のことwだけを考えてだらだら生きていていいのか?

と考えさせられる言葉です。私自身、父が亡くなった時に命が有限であることを実感させられました。

自分がいつ死ぬかって自分で決めることはできないんです。

だったら、悔いの無いように毎日を一生懸命生きなければ、自分にも失礼ですし、自分のことを育ててくれたすべての人に失礼なんじゃないですかね?

「いつ自分が死んでも悔いがないように生きているのか?」

と毎日考えるのは、気持ちが疲れてしまうかもしれません。しかし、「後悔はない」と言い切れるくらい一生懸命生きていきたいなって思うんですよね。

今回の言葉は『あした死ぬかもよ?』という本に載っています。ハッとする言葉も多くておすすめ。

 

ABOUT ME
kikki sato
このブログの管理人です。気ままに思ったことを書いていきます。性格はかなり気分屋でのんき。楽しいと思えることやりたいし、発信したいです。
この記事を読んだ方はこちらもおすすめ