柏市ネタ

印西市牧の原のジョイフル本田でガソリンの混入した灯油が販売された可能性!?ご注意を!

今回はローカルな注意喚起を。

印西市牧の原「ジョイフル本田 出光千葉ニュータウンサービスステーション」において、ガソリンの混入した灯油が販売された可能性があるとのこと。

事故につながるといけないので、もし買った可能性がある人は柏消防署に連絡をして、使用は控えてください。

灯油とガソリンが混ざると何が危ない?

一言でいうと、作られた時の沸点が異なり、用途が異なるので危ないということです。もう少し詳しい説明が以下のサイトにあったので引用します。

知らなかった!「軽油」「ガソリン」「灯油」の違い

「軽油」は「石油」の中で、250度から360度の温度で精製されるものです。大型車の燃料に使用されます。「ガソリン」は「石油」の中で30度から220度の温度で精製されるものです。一般乗用車の燃料などに使用されます

一方「灯油」は「石油」の中で、170度から250度の温度で精製されるものです。ストーブの燃料などに使用されます。

知らなかった!「軽油」「ガソリン」「灯油」の違いより

用途の異なる石油を機会に投入すると、製品の劣化や故障、事故につながるので気を付けてくださいということです。

今回の場合は灯油の中にガソリンが入っている可能性があるということでした。つまり、ストーブに灯油を入れたら故障したり、家事につながります。マジで危ないですね…

動画もありました。

シャレにならない…

ガソリンは揮発性が高く、燃焼筒の熱でタンクが温められた結果タンクの内圧が上昇し、溢れ出たガソリンにストーブの火が引火して大きく燃え上がる現象を再現しています。絶対にストーブにガソリンを給油しないでください。ガソリンを使用する場合はポリタンクなどには保管せず、消防法に則り、専用の携行缶などに保管してください。また、高齢などで視覚に障害を持つ方はガソリンと灯油の区別が困難な場合があります。一層のご注意をお願いします。

製品評価技術基盤機構より

以上、注意喚起でした。

この記事が気に入ったらいいね!
いいね ! しよう

Twitterをフォロー!
ABOUT ME
アバター
キッキ
はじめまして!このブログの管理人のきっきといいます。現在大学院の博士課程に在籍しています。興味の幅が広いので、調べたこと気になったこと、印象に残ったことを読者の方と共有できたら幸いです。
この記事を読んだ方はこちらもおすすめ