働き方

『「新しい働き方」ができる人の時代』は私たちの働き方の未来像を示している!

新しい働き方ができる人の時代

こんにちは!

これから就職を控えていて、さらに片づけ生活で仕事をしているためか働き方には人一倍関心の強いきよふみです。

この本はどうしても紹介したいですし、これから掘り下げたいので紹介しちゃいます!

「新しい働き方」ができる人の時代』という本です 2011年の本なので、ちょっと古めではありますがテーマがとてもタイムリーでぜひいろんな人に読んでほしいと思える本です。

この本の結論はとても明確で、

アーティストになって、替えの利かない「かなめ」の人材になろう!

というものです。

この本では、「アーティスト」の意味が通常と異なります。

普段私たちが使う意味の「アーティスト」は音楽や芸術にかかわる人たちのことを指すでしょう。しかし、この本でのアーティストは意味が異なります。創造性や他の人に対する影響力に焦点を当てた言葉になっています。

アーティストとは、洞察と創造性、現状を変えていく大胆さを兼ね備え、自ら挑戦していく人のことです。

アーティストは、受け手の側にも変化をもたらします。

一歩を踏み出して行動し、他者に影響を与えていく。それが「表現する」ということです。

p103

私たちがいままで(もしかしたら今も)「よし」とされて、教わった力とこれから市場で求められる力が異なることを理解させられます。

この本を読むことで、私たちが求められる力を理解することができ、未来を切り開ける人材に必要な心構えがわかるでしょう。

一緒に「アーティスト」になりましょう!この本の内容で共有できる箇所はガシガシブログにするので、一緒に新しい働き方を考えてみませんか?

ABOUT ME
kikki sato
このブログの管理人です。気ままに思ったことを書いていきます。性格はかなり気分屋でのんき。楽しいと思えることやりたいし、発信したいです。
この記事を読んだ方はこちらもおすすめ