気になることを調べてみた

引越しの準備で使う段ボール使い方で注意すべきポイント

mei82

こんにちは。「なんで?」探究員のmei82(めいぱち)です。今回は引越しの際に必ず使う段ボールについて解説していきたいと思います。

段ボールをもらう事のメリット

人生の中で1回は経験したことがある引越しですが、その中で必ず使う段ボールの重要性についてよく知られていない部分があると思います。一見何でもよさそうに見えますが、実はそうでもないという事をお伝えします。

当たり前ですが、段ボールがないと荷造りは始まりません。引越し業者が決まった際に大体もらいますが、中には料金を抑えるために段ボールはいらないから料金を下げて欲しいと交渉をする方がいます。確かに引越し料金は重要なので気持ちはわかりますが、いろいろなメリットとデメリットを考えて料金と果たして見合うかをよく考えた方がいいでしょう。

まず段ボールを業者からもらうメリットとして、箱の大きさが同じなのでトラックに入るサイズが分かり適正な見積もりをしてもらえる。また引越し業者の段ボールは厚みと強度のあるレベルの段ボールを使っていますので、多少入れすぎたり重くなっても破れたり、底が抜けたりがありません。

余談ですが、流通で使用される段ボールは一番安いものを使う場合が多いです。それはコストの面と重さの面から薄くて軽くて強度のない段ボールにしています。なのでちょっとの衝撃で簡単にぺしゃんこになります・・・。スーパーやドラッグストアの物をもらって引越しをすることは、ダメだとは言いませんが大きさもさることながら、強度のない箱に自分の荷物を入れることを想像すると少し怖いと思います。

なぜこんなに段ボールを熱く語るかというと、基本的に自分で梱包した段ボールの中身の破損に関しては引越し業者は責任を取らないことを知っているからなんです。運搬の際に誤って落としたりぶつけた場合の中身の破損に関しては保証すると大体の会社は約款に書いていますが、輸送中の電子機器の内部破損と落としたりしていない場合の箱の中身の保証はないと思った方がいいでしょう。

詳しく説明すると、スーパーやドラッグストアでもらった強度のない段ボールに荷物を入れました。荷物はトラックの荷台(コンテナ)内で上に積まれていきます。積み上げる場合中身を確認しますが、食器や上積み禁止などの表記のない荷物に関してはあまり注意せずにどんどん積み上げていきます。もちろん持ち上げられないような本などの重いものを故意に上には積み上げませんが、普通に持てる箱は積み上げるので強度のない箱に入れた荷物は3~4箱積み上げればすでに1番下はつぶれていきます。

こうなった場合つぶれることは想定できますが、物理的にほとんどの箱がこの箱の場合積み上げてつぶれても乗せていくしか作業員にはないのです。なぜか?それは今来ているトラックで積みきれなくなるのを分かっているからなんです。つぶれるからと2段くらいで終わってしまったら後の荷物はどうしますか?そうなるとすべての荷物が段ボールの上に積み上げられなくて予定よりもトラックの荷台の容積を取ってしまいます。

引越しの金額を抑えるために段ボールをもらってきて、自分の荷物はつぶれる、全部の荷物が乗せられない、そのために追加の料金を払ってトラックを追加する又は往復する、もしくは積みきれない荷物を置いていき自分で運ぶなどが想像できる状態になります。考えただけでも気が重くなることばかりですね。

長くなりましたが、業者の段ボールをもらうことのメリットは金額以上の範囲まで及ぶという事がわかっていただけたでしょうか?あともう一つのメリットとしては、業者の段ボールを使った場合必ず引き取りをしてくれるという事ですかね。玄関前においておけば大体の会社は無料で引き取ってくれます。

業者の段ボールは種類も決まっているのでその大きさと個数で見積もりが正確にできるようになっています。現場の作業員も段ボールの数で大体の引越し量が分かるので、お互いにとってもメリットは大きいと思います。

段ボールをもらう事のデメリット

では、もらう事のデメリットは?という事ですが、これはもう言うまではありませんが知らない間に料金に入っているので、引越し料金自体が少し上げるという事です。サービスですとか無料ですと見積書に書いてあってもどこかに入っている場合が多いです。あとは本当にサービスにしている場合は引越しの料金がそもそも高い場合です。値引きなどの交渉をせず見積もりの提示価格でOKのお客様には資材は基本的にサービスの場合があります。

当たり前ですが、段ボールをはじめすべての資材は仕入れているので購入しているものになります。それをサービスで渡すという事の意味を深読みすると、先ほど説明した引越し料金の高いお客様という事になります。あとは全くのまれなケースとしては、営業マンが資材のコストに関して会社に対してあまり考えていない場合、湯水のように資材をサービスするという事もあります。

これができる営業マンというのは大体その会社や営業拠点やエリアでのトップ営業マンの場合が多いです。会社にしてみれば売り上げをたくさん上げている社員には資材を存分に使ってもあまり文句は言わないです。資材の金額はたかが知れていますので、ソコをケチって契約が取れない方が困るしトップの人は売り上げの単価も数も桁も違うので、その位はと目をつぶる会社と上司がたくさんいることは事実です。

想像してみてください・・・安く取ってくる営業と正規の金額やそれ以上の金額で引越しを取ってくる営業とどちらの言い分を優遇しますか?答えは簡単ですよね?今でも十分こういった仕組みはありますし、どんな営業が自分の家に見積りに来るかと考えたら少し怖いですね。

段ボールをもらいながら安くする方法

じゃあどうしたらいいんだ!と困ってしまう人がいるので、いくつか対処法をお知らせしたいと思います。まず、新品の段ボールでなくてもいいという方には、業者の方に「リサイクル段ボールをください」と言えば無料でもらえます。これは一度引越しで使った段ボールを選別して再度他の引越しの際に使うという物です。

私のいた会社でもよく使っていましたが、引越しをした後の引き取った段ボールをガムテープをはがし、汚いものや使っていた荷物の中身によって再利用できないものは捨てて、きれいな物のみをリサイクル段ボールとして会社に保管していました。リサイクル段ボールで玄関とかトイレと書かれた段ボールは嫌ですよね?こういったことが書かれている段ボールはどんなにきれいでも捨てています。

こういった段ボールはどこの会社でもあるはずなので、契約した際あまり段ボールの枚数が多くない引越しの方や、枚数の多い方でも半分をリサイクル段ボールにするとだいぶ料金の節約になります。ただ中には枚数を制限する会社もあるので足りない場合は新品をお願いするか、スーパーの箱などでもいいかを確認してできるだけ強度のある段ボールをもらってきて梱包するようにしてください。

どうしても人が使った段ボールは無理!という方は仕方がないのでできるだけ安く段ボールを付けてもらいましょう。ガムテープも探せば安いものもあるので段ボール以外の資材を断るとか細かな部分で努力するしか後は方法がありません。

まとめ

段ボールは引越しをするうえでとても重要な資材です。自分の大切な荷物を守ってくれる箱なのであまり節約しようとすると、節約した以上のお金がかかってしまう場合もありますからね。そもそも、引越し代をできるだけ安くしようと思うのであれば、根本的に考えることが違います。資材はあくまで引越しのサブなのでサブをいくら節約しても大本の引越し代が安くならなければ節約したとは言えません。

引越し代を安くする方法はまた別の記事で紹介するとして、今回は段ボールの重要性を解説させて頂いたのですが分かっていただけたでしょうか?段ボールにもいろいろな種類があり、強度や用途などもたくさんの種類があります。引越しは1日だけなので何だかきちんとした段ボールを使うと勿体ない気がしますし、いちいち段ボールに詰める作業が面倒だからとビニールにしてしまう方もいます。

確かにビニールは梱包という点では簡単ですし、楽ですがかなりの確率で中身が破損します。洋服や布製品であればかまいませんが、それでもビニールばかりになると最初の方でも触れましたが、荷物を積み上げることができないのでトラックの容積の問題で荷物がすべて積めないという事にもなります。

細かな話ですが、ビニールの場合作業員が運ぶ回数が増えます。それは段ボールであれば2個重ねて軽いものであればその上に乗せることができます。その点ビニールは2個しか持てない。一番差が出るのがエレベータの建物の作業の際の台車に乗せる量が大幅に変わってきます。ただでさえエレベータ作業は時間がかかりますのでその上ほとんどの荷物がビニールだと作業時間は倍以上になります。なのでそれだけ作業の時間もかかりますので、ビニールでの梱包は極力少なめにしておいた方がいいと思います。

何気なく使っている引越しの段ボールですが見方を変えれば、とても重要なアイテムだという事が分かります。大切な引越しで大切な自分の荷物を無傷で移動させるために、できるだけ賢い選択ができるといいなと思います。これからも引越しに関するお得な情報を発信していきたいと思います。

関連記事でお勧めはこちら!

おすすめトランクルーム・収納サービス比較6選まとめ【トランクルームの特徴と選び方のポイント解説】 こんにちは!mei82(めいぱち)です。 今回はコンテナルームを検討している人のためにおすすめのトランクルーム・収納サービスの特...

この記事が気に入ったらいいね!
いいね ! しよう

Twitterをフォロー!
ABOUT ME
mei82
mei82
引越し業界、運送業界で20年以上働き、現在は専業主婦。新しいスキルと経験のためにいままでの経験を生かした情報発信をすることを決意。 40代/女性
この記事を読んだ方はこちらもおすすめ