そのほか

今年はこれで決まり!扇風機のおすすめは?

こんにちは。「なんで?」探究員のmei82(めいぱち)です。なぜか暑さが前倒しでやってきて扇風機がないので困っています・・・。エアコンを効率的に使うには扇風機かサーキュレーターがあるといいとは聞きますが、違いや種類がたくさんあって選ぶのも一苦労です。そんな私が購入のためにいろいろ調べたのでまとめたいと思います。

扇風機とサーキュレーターって?

扇風機の役割としては風を送ると言う事だと思いますが、エアコンと同時に使うと効率よく冷気を部屋全体に回すことをご存じでしょうか?エアコンの温度を低めにしても扇風機の風があれば涼しく感じるという事のようですが、では扇風機ならどんなものでもいいのか?というと色々種類があるようです。

まず扇風機ですが、一般的な羽が回るタイプ・タワー型・DCモーター搭載型とあります。まず一般的な羽タイプの扇風機は何枚かの羽を回して風を送ります。子供が手を入れたりすると危ないので最近の物は全面の部分が少し狭くなっているものもあります。

タワー型は縦型の形をしていて羽がありません。羽がない分子供が手を入れても危なくないと言う事と、スリムなので場所を取らず見た目にもすっきりとしています。

そして最近登場したDCモーター搭載型ですが、DCモーターとは・・・と言う事を簡単に説明すると、DCモーター=直流モーターになります。今までの物はACモーター(交流モーター)で何が違うかというと電流の流れ方の違いがあります。DCモーターは直流電源なので電気の流れが一定になります。ACモーターではできない微妙な風量の調節ができるようになっていることが特徴になります。

また電気代もDCモーター方が安く済む事も特徴の一つになります。ただ、デメリットとしてはDCモーターの扇風機の方が本体の金額が高くなります。なのでどこの特徴を優先するかは難しい部分もありそうですね。

そして扇風機とサーキュレーターの違いですが、主に使用の目的が違います。扇風機は直接涼しさを得るためにというところが主な目的になります。一方サーキュレーターはエアコンや冷暖房の涼しさや温かさを効率的に部屋に行き渡らせる事に使用したりします。どういった事かというと空気を循環させる流れを作ると言う事になります。

また、サーキュレーターを置くことにより洗濯物を早く乾かすことを促すという効果もあります。風が直接的に流れていたり、扇風機よりもパワーが強いという点が特徴と言えると思います。冷暖房機器と併用することで電気代の節約にも効果があるようなので、上手く活用したいところですね。

ただ注意点としては風が強く直線的なので体に当たると気になると言う事です。扇風機のふわっとした包み込むような風ではないので購入の際には用途と優先事項をきちんと確認して選びたいところです。ちなみに少し値段は高くなりますが、扇風機とサーキュレーターが合わさった家電があるのでそちらも選択肢の中に入れてみてはいかがでしょうか?

実際に選んでみた!

わが家の扇風機は普通の4枚の羽根が回るタイプで10年以上使用していましたが、何の問題もなく毎年クルクル回ってくれていました。私がアレルギーのため1週間に1回は分解して掃除をするという形で使っていましたが、ある日羽が本体から外れなくなってしまいました。原因は掃除の際の水分で金属が錆びてしまったため外れなくなっていました。

何度も潤滑油スプレーを隙間からかけてマイナスドライバーでとることを試みましたが、最終的には羽のプラスチック部分が欠けてしまい、何度も首を動かしたためぐらぐらになってちょうどいいところで止まらなくなってしまいました・・・。

と言う事で去年の夏に長年使っていた扇風機とサヨナラしたので今年は新しいものを買うと決めていたのでいろいろ調べて探しました。流行っているのでサーキュレーターにしようと考えましたが、洗濯物を干すのは浴室なのでこの用途はあまり当てはまらず、また直線的な強い風は私以外の家族が嫌だと言う事で、わが家は普通の扇風機を買うことにしました。

そこで普通の羽根型の扇風機かタワー型にするかで悩みました。掃除の面などを考えると羽根型なのですが、場所を取っている形が気になっていてタワー型の方がすっきりとしていて気になっていました。また羽根型の風は首振りで左右には流れますが縦横に流れる扇風機は値段が高くやはり大きいものが多いです。

タワー型は見た目にもすっきりとしていて場所もあまりとらずコンパクトの印象でした。また1番は風の流れが縦型なので、これが首を振れば座っていても寝ていてもまんべんなく風が当たる印象がありました。羽根型は座っている場合上半身に風が当たっている場合下半身は当たらないので全身涼しさを感じるにはなかなか難しさがありました。(とても暑がりなので・・・)

予算もできれば¥5000~¥7000くらいの間で、できれば安い方がいいと思っていたので安めの羽根型にするかコンパクトなタワー型にするかでかなり悩みました。で、いろいろ考えて思い切って初めてのタワー型を今回は買う事に決めました。決め手はコンパクトさと風の出方になります。本当に暑がりなので全身に風が当たって欲しい!と言う事で購入したものが

こちらのタワー型扇風機になります。首振りもできてコンパクトで色も白とネイビーでおしゃれな感じが気に入っています。

価格も予算内で十分収まりました。使ってみての感想は意外と静かで首振りの風が届く範囲も広いし小さいながらもパワフルで、とても満足な商品です。思い切ってタワー型にしてみてよかったと思っています。実はルーバーが動くタイプもあったのですがあまり重要視していなかったと言う事と、値段の関係でやめました。

では悪い点は何もないか?と言われると・・・実は1点だけ残念なことがあります。それは中までしっかり掃除ができないという点です。少し前にも書いたのですがアレルギーがあるのでほこりやカビはかなりの天敵で、少しでもたまると見事に鼻が詰まりくしゃみが出て、体に異変が出てきます。ある意味そのサインが出たら掃除しなさいと言う事なのですが、この扇風機は外すパーツがないので掃除機で吸える範囲しか掃除ができないという難点があります。

表の溝は掃除機やほこり取りのワイパーで拭けばいいのですが、結局内側のパーツにびっしりとたまったほこりは取れません。きちんと調べたつもりが一番大切な部分で見落としていたようです・・・。仕方がないのでネジを全部取りカバーを外し、中心部のパーツの溝1つ1つを綿棒で取りました。1つ言えることはやっぱりここの部分を掃除できないとかなりのほこりが風と共に吹いてくると言う事ですね。

分解も簡単でしたが戻すのも簡単だったのでそこは一安心。ただこれは私が勝手にやった事なのでまねをしないでくださいね!中には配線を溶接していたりもするので勝手に分解はいけませんよー。そして無事に元に戻り運転再開して気づきました。

「風が涼しくなってる」

ほこりやごみを取ったら風がびっくりするくらい涼しく感じました。そういえば買ってすぐ付けたときはすごく気持ちのいい風でしたが、最近外の気温のせいか扇風機の風があまり涼しく感じなかったのは、気のせいではなかったと言う事が判明しました。掃除は大変でしたがまた涼しく快適な扇風機に戻りました。ただ今後掃除のたびにネジを外さなくてはいけないという事は今は考えないようにしましょう

まとめ

扇風機にしてもサーキュレーターにしても冷房だけで部屋を涼しくするより、格段に効率的に涼しくしてくれます。どちらを選ぶかは生活の仕方や家族構成などにもよりますし、家のタイプにもよりますね。

扇風機もDCモーター搭載型が出てきていて、正直暑がりな私には微調整の効く扇風機は需要があるのか見当がつきませんデでしたが、いろいろ調べてみるとお年寄りや赤ちゃんなど強い風が苦手な方にはとても心地よく使える扇風機だそうです。

その昔の扇風機は弱・中・強のボタンかつまみの設定しかなかったので、それから考えると家電は様々なニーズを吸収して、開発・販売されているんだなぁと感心しました。扇風機の隙間に手を入れて指をケガするなんてダイソンの扇風機を使っている家の子はピンと来ないでしょうね。

今年扇風機を購入しようとしている方は、私のようにネットで調べて購入するでも構いませんが、出来れば電気屋さんなどに行って実際に動いている扇風機を見て音を聞き、選んでいただければと思います。きっとネットの画面だけではわからなかったことや、気づかなかったことがあるかもしれません。時間はかかりますが、ネットで調べて実際の電気屋に行って確かめてご自宅の用途に合った扇風機やサーキュレーターに出会えるといいですね。

過去の記事でお勧めはこちら!

おすすめトランクルーム・収納サービス比較6選まとめ【トランクルームの特徴と選び方のポイント解説】 こんにちは!mei82(めいぱち)です。 今回はコンテナルームを検討している人のためにおすすめのトランクルーム・収納サービスの特...

この記事が気に入ったらいいね!
いいね ! しよう

Twitterをフォロー!
ABOUT ME
mei82
mei82
引越し業界、運送業界で20年以上働き、現在は専業主婦。新しいスキルと経験のためにいままでの経験を生かした情報発信をすることを決意。 40代/女性
この記事を読んだ方はこちらもおすすめ