商品紹介

アイリスオーヤマ お勧め炊飯器

こんにちは。「なんで?」探究員のmei82(めいぱち)です。日本人に生まれてよかった!と思う瞬間ベストワンは間違いなく白米を食べた瞬間だと豪語しています。最近になって我が家の炊飯器が壊れたので買い替えましたが正直たくさんありすぎてわかりません。今回比較検討した炊飯器と購入した炊飯器の使用感などをお伝えします。

炊飯器の種類について

炊飯器と言っても昔と違い今はたくさんの種類があります。どれも同じように見えて実は違うと言う事が今回分かりました。その中でも炊き方によって4つの種類があると言われています。

IH炊飯器

まず最初にIH炊飯器ですが、コイルによる電磁力の働きで金属製の内釜自体を発熱させて炊き上げる方式がIH炊飯器になります。底部だけでなく側面や内蓋にもコイルを内蔵し、内釜全体を強力に加熱できる高級タイプもあります。

圧力IH炊飯器

次に圧力IH炊飯器ですが、圧力鍋のように内釜を密閉することで圧力を上げて、100度以上の高温で炊飯をします。お米の芯まで熱が通るのでうまみを引き出すことができ、ふっくらしたご飯に仕上がります。

マイコン炊飯器

そしてマイコン炊飯器ですが、炊飯器の底部にあるヒーターの熱で炊き上げます。一般的に安めの価格帯はこちらが多いようで、昔はこのタイプが多かったように感じます。

ガス炊飯器

最後にガス炊飯器ですが、ご家庭でお使いのLPガス用と都市ガス用があります。火力の強い直火を使うガス炊飯は、最もおいしいといわれる「かまど炊き」に近いといわれ、あえてガス炊飯器を選ぶ人もいます。なかなか今は見かけませんが、小学生の時の祖父の家はこれでした。確かにごはんがとてもおいしかったのを覚えています。

それぞれ炊き方に違いがありどれも特徴が違います。どのタイプを選ぶか?と言う事ですが、炊きあがりを選ぶかコストを選ぶかと言う事になります。購入する場合のコストとしてはマイコン式→IH炊飯器・ガス炊飯器→IH炊飯器の順に価格帯が上がっています。

また電気代に関してですが、炊き上がりまでにかかる電気に関してはマイコン炊飯器が一番安いようですが、保温が高くなるようです。逆にIH炊飯器と圧力炊飯器は炊き上がりまでの電気代がマイコンに比べると倍ほどになりますが、保温の点で安くなるようです。

頻繁に自炊をする方や炊いてから長時間保温する方やご飯は絶対おいしくないと嫌だ!という方はIH炊飯器・圧力IH炊飯器を選んだ方がいいのではないでしょうか?逆にあんまり自炊しない方であればマイコン炊飯器を購入して炊き上げた分をその日のうちに食べきるという利用方法であればあまり電気代なども気にならないかもしれません。

ただやはり炊き方の違いによりごご飯の味が違うことは否めませんので、ご自身がご飯を炊くということにおいて何を一番に優先するかをはっきりと決めて、まずはどの方式の炊飯器を買うか?と言う事を考えてみましょう!

炊飯器の価格帯

先ほどの炊飯方式に価格はある程度反映されていますので、マイコン式は購入しやすい価格帯が多いようです。炊飯器を購入するにあたってどのくらいの予算にするかを決めて、その価格によって炊飯方式を選ぶという形でもいいかと思います。

今炊飯器も高級志向が流行っているようで中には10万を超えるものもあるようです。我が家は食いしん坊家族で何よりご飯が大好きなので、予算は1万前後でIH炊飯器を探しました。

価格帯で大きく影響することが圧力IHで、内釜の厚さと素材が関係しているようです。内釜の種類ですが、多層釜、鉄釜、炭釜、土鍋釜など素材も色々です。中にはダイヤモンドコートのようなものもあります。また厚みに関しては炊き上がりと保温時に重要になってきますのでこちらもきちんとチェックしたい項目です。

ただ、やはり特殊な素材や特殊な加工をした厚みのある内釜になればなるほど価格は高くなります。おいしさを取るか、コストを取るかの選択は難しい問題になること間違いなしです。

実際に購入するまで

今回我が家は購入するにあたり、実際の店舗とネットサイトと両方を見て比較しましたが、大きく金額に差がないようなので、今回はネットサイトで購入することにしました。IH炊飯器で1万前後を探したところたくさん種類があり、有名なメーカーから聞いたことがないメーカまで幅広くありました。

内釜が厚いもの、色、デザイン、大きさなど本当にたくさんありなかなか数を絞れずにいましたが、最終的に候補としてはアイリスオーヤマ、象印、タイガーに絞りました。ここから自分たちの優先順位に基づき購入する炊飯器を決めていきます。

まず一番に優先することは・・・炊ける量です。3人家族ですが本当に食いしん坊で5.5合炊きの炊飯器でないと駄目な場合がたまにあります。もちろん自分たちだけで食べるのではなく、母達や妹家族などたくさん人が集まる機会が多いのでと言う事もあります。

ただ毎日夕食に必ず3合炊いたり、おかずによっては4合のの時もあったりするので、炊ける量は重要です!なのでまずは5.5合炊きの炊飯器と言う事が決まりました。

次に炊飯方式ですが、やはりIH炊飯器にしようと言う事で決まり、あとはメーカーはあまり気にしないので最終的には価格で決めると言う事になりました。同じような機能であれば安い方がいいと思っていたので、悩んで悩んで結果アイリスオーヤマの炊飯器にすることにしました!

色などは全く気にしなかったのですが、写真で見たときに何だか黒がカッコよく、おいしそうに炊いてくれそうに見えたので黒にしました(笑)。価格は予算内の¥9,969でした。それがこちら。使用感などは次に説明させていただきますね!

使ってみての感想

届いて開けた瞬間の感想としては「黒くてかっこいいな」でした。中々大きくて重厚感があり、1万円以内とは思えない感じです。全ての商品を取り出しよく拭き内釜を洗い、いよいよお米を炊いていくときです。

今までお米を研ぐとき内釜で洗っていましたが、できるだけ長持ちさせたかったのでこれからはザルで研いでいきたいと決めていました。どうしても内釜の加工が取れてきたりするので気になって調べたのですが、やはり各メーカー別容器での米とぎを推奨していたので一安心です。

ザルで米を洗い内釜に移して水を図りいよいよスイッチオン!の時間ですが、ここで今までの炊飯器にはない機能を発見しました。それは米の銘柄を選ぶスイッチがあり、炊く銘柄に合わせて選ぶことができます。我が家はほとんどコシヒカリなので困りませんが、それでも全部で6種類の銘柄があるのでそれぞれのご家庭の銘柄の炊き方ができるのはうれしいですね。

炊飯以外の機能も充実していて、無洗米、早炊き、炊き込み、おかゆ、玄米、煮込み、蒸しとたくさんのモードがあります。ちなみに付属の部品として内釜にセットして蒸し料理ができる蒸しプレートがあります。ゆで卵など簡単にできそうで活用したいと思います。

さて、炊飯の時間ですがコシヒカリを3合普通に炊いた場合おおよそ53分と表示されました。早炊きで40分ほどなのであまり差はありません。炊いているときの音はそんなに小さくはありませんがうるさいというほどではありません。静音の物もありますがそれに比べると気になる方はいるかもしれません。

いよいよ炊き上がりの状態ですが、炊きあがる少し前に部屋中にお米のいい匂いが充満していてこっそり食べたくなります(笑)。炊き上がりを知らせる音が鳴り5分ほど置いて開けると・・・

こんな感じでつやつやなご飯が炊けましたー!よく混ぜておいしくいただきたいと思います。食べた感想としては何の問題もなく均一にふっくらとおいしいごはんで、水っぽくもなくコシヒカリのおいしさが存分に伝わってくるいい炊飯器でした。

後日試しにあきたこまちを買って炊いてみましたが、炊き上がりが見た目に全然違い、もちっとしていてしっとりとした感じがしました。銘柄が違うのでお米の味が違うのは当たり前ですが、はっきりと銘柄の味の違いを感じられてびっくりしました。

まとめ

自粛期間中に自炊が増えた方も多いのではないでしょうか?主食のお米はおいしく炊き上げて食べたいものですよね。炊飯器の種類も機能も価格もたくさんあり、より自分に合った炊飯器を選べますね。

自炊に凝り始めてメニューのレパートリーが増え、増々食卓での食事が楽しみになります。そういった時おかずも大切ですが、やはりおいしいお米を炊くと言う事も大切になってきます。お米がおいしければあまりおかずはいらないと言われるくらいなので、いかにお米をおいしく炊くかは重要な課題と言えます。

アイリスオーヤマの家電はどれもお手頃価格で機能も充実しているので、気になる家電はアイリスオーヤマを購入することが多くなってきています。口コミを見てもあまり悪い評価はなくとても使い勝手のいい印象を受けますね。私も今回は炊飯器を買ってみて、価格も満足ですし、機能も満足でもちろん炊き上がりも大満足なので不満はありません。

他にも炊飯器の下がIHプレートになっている炊飯器や、圧力IH炊飯器などアイリスオーヤマの炊飯器は種類が豊富なのできっと気に入る炊飯器に出会えると思います。他のメーカーなら高額な炊飯器についている機能もアイリスオーヤマの炊飯器なら、お手頃価格で購入ができま。もし炊飯器を買い替える予定がある方は、じっくり違いを比較して候補の中にアイリスオーヤマの炊飯器をぜひ入れて検討してみてくださいね。

過去の記事で人気なのがこちら!

おすすめトランクルーム・収納サービス比較6選まとめ【トランクルームの特徴と選び方のポイント解説】 こんにちは!mei82(めいぱち)です。 今回はコンテナルームを検討している人のためにおすすめのトランクルーム・収納サービスの特...

この記事が気に入ったらいいね!
いいね ! しよう

Twitterをフォロー!
ABOUT ME
mei82
mei82
引越し業界、運送業界で20年以上働き、現在は専業主婦。新しいスキルと経験のためにいままでの経験を生かした情報発信をすることを決意。 40代/女性
この記事を読んだ方はこちらもおすすめ