そのほか

新世紀と言えば?エヴァンゲリオンでしょ!

こんにちは。「なんで?」探究員mei82(めいぱち)です。今回はみなさんご存じの新世紀エヴァンゲリオンについて書いていこうと思いますので、最後までよろしくお願いします!

簡単な個人的アニメ・漫画の歴史

私ちくわの話で恐縮ですが、昭和51年生まれの女子であります。子供のころに初めて見たアニメはDr.スランプ アラレちゃんです。1981年~1986年までテレビで放送されていましたが、始まった当初10歳の私は衝撃を覚えました。

ギャグマンガでありながらキャラクターのデザインが斬新で可愛くもありきれいだったので一瞬で虜になりました。この時から鳥山先生が大好きでその後へ続くのでした。

小学生の時によく見ていた漫画といえば女子は「リボン」や「ちゃお」などがありましたが私は確か「リボン」見ていた気がしますが、あくまで妹が購入したものを見ていたという感覚で、自分で買ってまでというものはなく初めて自分で買った漫画は「ジャンプ」でした。

当時父や母の仕事場の若いお兄さんたちが家によく遊びに来ていたため「ジャンプ」を目にする機会があり読むことは自然の流れだったような気がしますし、少女漫画よりも何だかしっくり来ていたのをよく覚えています。

また当時は「ジャンプ」の全盛期だったような気がしていて、キャッツアイやシティーハンター、キャプテン翼、北斗の拳、キン肉マン、魁男塾などなど本当に最初から最後まで何も飛ばすところがないというような漫画雑誌でした。

特にドラゴンボールは連載開始からずっと大好きで毎週楽しみにしていましたし、アニメも全部見ていました。ある種王道であり健全な漫画やアニメの楽しみ方といえる道を歩んでいたように思います。

なので、漫画にしてもアニメにしても本当に普通で「ジャンプ」以外で読んでいた漫画雑誌は「マガジン」になります。「サンデー」とか「ヤングジャンプ」になぜいかなかったのか?という疑問が残りますがなぜか読んだことがありません。

どんな漫画が連載されていたのか程度の浅い情報くらいでしょうか・・・。アニメは子供が見る時間の物のみを見ていたので深夜にアニメが放送されているなんて全く知らずにいました。

深夜アニメを知る瞬間

ちくわが深夜アニメという存在を知ったのは24~5歳くらいの時で、これもまたプラモデルと一緒で旦那さんからでした。旦那さんは私とは違う漫画とアニメの遍歴だったのでとてもびっくりすることとか知らなかったことがたくさんありました。

もちろん機動戦士ガンダムを知ったのも同時期になります。旦那さんは私が好きな漫画は好きではなくどちらかというと私があまり好まない漫画を好きという全く話していても交わらない人だったので、個人的には変わった人だなぁ・・・と思っていました。

ある種一緒に居始めてから旦那さんなりの洗脳作業(笑)を続けていたのでしょう。ガンダムを知らない私にガンダムを見るよう勧めたり、話の中に小ネタをちりばめたりと、今考えると普通にオタクの会話でデート中ならドン引きなのですがあまり漫画やアニメに抵抗がなかったので気にすることはなかったですねぇ。

ある日旦那さんが「パターン青使徒です」みたいなことを会話の中で言ったのですが、(そんな会話もどうかと思いますが)私はてっきりまたガンダムの中の何かかと思い「それはどのシリーズの話?」と聞いたところものすごく怒られたことを覚えています。

そう私は新世紀エヴァンゲリオンを存在すら全く知らなかったのです・・・。今思うと漫画やアニメを好きでエヴァンゲリオンを知らない人なんていないと思いますが当時深夜にアニメを放送しているなんて知らない健全な生活を送っていた私には全く無縁のアニメでした。

その日以降旦那さんはエヴァンゲリオンを必ず見て欲しいと言っていました。これは知らないとヤバいよと面白いから見てとしつこく事あるごとに話していて最終的には自分の持ち物であるVHSのビデオテープを貸してくるまでになりました。

当時DVDのレンタルもあったのでそれでいいように思いましたが中々長い話なので全部を借りるには腰が重いなと感じていた私を見かねて貸してくれました。ただ古いもので何度も見たせいかかなりひどい画質で見れたもんじゃなかったですね。仕方なく3本位づつ借りてみることにしました。

DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】

家でアニメを見る方法が少なかった時代

今現在映画にしてもアニメにしても本当に手軽にたくさんの種類を見れるような時代になりました。私が子供のころは本来の放送を見逃したら終わりで、いつになるか分からない再放送を待つしかありませんでした。とても人気のあるものや恐らく版権が安いなどの大人の事情の物は再放送を頼んでいないのに流していたそんな時代だったように思います。

どうしても家で見たい人はビデオテープに録画するもしくは後日発売されるVHSのセットを買うみたいな手段しかありませんでした。録画も難しく予約をしても放送がないなんてこともあったり、時間がその日に限ってずれたりとまともに取れないなんてこともありました。それに比べて今のテレビや録画媒体は本当に優秀でそのころを知っている年代としては感動すら覚えるレベルです。

そもそもDVDなんて代物が出た時もすごいなぁと思いました。そもそもカセットテープがCDになるんだから流れとしては当たり前なのですが、大きなビデオテープをデッキに入れ録画の設定をしてアニメが始まったら録画ボタンを押すということをして繰り返し見ていた頃からすると、レンタルができたりするということもすごいなと思いましたが、ビデオテープがあんな薄いDVDになるなんて・・・。技術の進歩は本当にすごいですよね。

で、段々と技術の進歩とコストパフォーマンスとがいい感じになり始めたころにお金を自由に使える大人になったわけなので、そりゃびっくりするようなことを数々していましたよね。その話はまた今度詳しく追々書きたいと思いますね。

だから今の子供たちは本当に環境に恵まれていていいなと付く木菟思いますよ。それは我が子にも言えますが見たいものを見たい時に見れるってすごくないですか?しかもスマホでですよ?私が子供の時に想像もできなかった未来が今普通にやってきているわけです。

新世紀エヴァンゲリオンを見た結果

大人の財力で新世紀エヴァンゲリオンシリーズを映画版まで見て、感想を共有したかった旦那さん。「どうだった?」と嬉しそうに聞かれとても困りました。それは何回見てもいまいちよくわからなかったというのが正直な感想でした。エヴァンゲリオンの内容がどうこうということでは決してないことを断言しておきますが、おそらく私自身の問題なのかなぁ?と思っています。

ガンダムもそうですが結局興味の湧かなかったジャンルを見てもワクワクすることはないということだと思います・・・。宇宙とか核戦争とか未確認生物と戦うとかはあまり興味がないジャンルだとその時に気が付きました。じゃあドラゴンボールはどうなんだ?と言われてしまえば困ってしまうのですが、基本的に何かに乗って戦うということに興味がないのでしょうね。

だからと言って嫌いかと言われると嫌いというわけではなく理解できなかったということで今でもたまに旦那さんと見たりします。興味のないことでも否定せずに、違うことをいったんは受け止めてみるという大きな勉強になったのは確かです。

たかだかアニメや漫画で大げさな・・・と思いかもしれませんが、結婚をして夫婦となってどうやって2人の真ん中をとるかということは関係を維持するうえで大事なことなので、こういった細かなことから傾向と対策を知ることができたのは私にとっては良かったことだと思います。

まとめ

今や国民的アニメの新世紀エヴァンゲリオンを25歳くらいまで知らなかった私のいきさつについて書かせていただきました。どんなジャンルでも自分の知っている部分なんてほんの一部なんだなぁと改めて知る機会でもありました。知らないことを知ることはどんな年齢になってもいいことだと思います。

ただ知らなかったときに自分がどうするかということはとても重要なことだと今回の話を通して考える部分ではありました。こんな有名なアニメを知らなかった事はアニメ好きとしては本当に申し訳ないなと思いますが、夜更かしせず早寝早起きをしていた証拠でもあると言い訳をしておきたいと思います(笑)

昔のアニメは大体リマスタリングがされエヴァンゲリオンもされたようでとても映像がきれいになりまた新たな年代に新しいものとして見られていくのでしようね。それにしても技術の進歩の速さとレベルには頭が追い付かないくらい素晴らしくなっています。

今を生きる子供たちは本当に恵まれていますね。ただそれでも私が子供のころに感じていた不便も今思うと楽しい思い出だったなぁと思ってしまいます。野球中継で見たいアニメが時間変更になるとか、録画予約の失敗で見たくもない番組が前半に入っているなんて説明してもわからないだろうなぁ・・・。

エヴァンゲリオンに関してはいまだに映画なども公開しているので、昔のアニメというイメージはないのかもしれません。自分の子供がDVDでエヴァンゲリオンを見たり、漫画でドラゴンボールを見ていたりという風景はなんだか不思議な気がしますが、これだけの年月が経っても年代が変わっても受け入れられるコンテンツというものの存在はすごいと言う事と、やはり日本人の漫画やアニメの技術は驚くほど高いのだと証明してくれている気がします。

みなさんも子供のころにみた漫画やアニメをこのおうち時間の中で思い出しながら見てはいかがでしょうか?また何か違う感想が生まれるかもしれませんよ?

この記事が気に入ったらいいね!
いいね ! しよう

Twitterをフォロー!
ABOUT ME
mei82
mei82
引越し業界、運送業界で20年以上働き、現在は専業主婦。新しいスキルと経験のためにいままでの経験を生かした情報発信をすることを決意。 40代/女性
この記事を読んだ方はこちらもおすすめ