気になる会社

おすすめトランクルーム・収納サービス比較6選まとめ【トランクルームの特徴と選び方のポイント解説】

こんにちは!mei82(めいぱち)です。

今回はコンテナルームを検討している人のためにおすすめのトランクルーム・収納サービスの特徴とおすすめポイント、どのような場面でどのサービスが良いのかなどの比較をまとめて紹介します。(以下、わかり易さのためトランクルームと呼び方を統一します)

私はいままで倉庫業を行っていて、「トランクルームと一言で言っても、人によってぴったりなトランクルームは違うな」と思っています。今回の記事を参考にあなたにあったトランクルームをお選びください。

こんな人におすすめ
  • トランクルームを探している
  • 引越しの時に一回トランクルームに収納を移したい
  • 自分の趣味の物が家に入らない大型のものでどうすればいいかわからない
  • コンテナルームがいっぱいあってどれにすればいいのかわからない
  • 収納サービスを使いたい

Contents

サマリーポケット

箱に詰めて送るだけで、お部屋スッキリ!|サマリーポケット

今CMなどでも話題のトランクルームサービスで、保管を1箱から行いボックス型の保管倉庫ではない形での業務展開をしています。

非常に人気のあるトランクルーム・収納サービスで、YouTubeでも「サマリーポケット」と検索すると多くの紹介動画が出てきます。

-利用までの流れ-

サマリーポケットはとても簡単な流れで利用ができます。

  1. スマホ・パソコンなどから契約をし、利用したい箱の大きさを選び自宅へ送ってもらう
  2. 保管してもらいたいアイテムを箱詰めして集荷の連絡をする
  3. 運送会社が集荷をして倉庫まで運び保管をしてもらう

自分で箱詰めはするものの、使用する段ボールは家まで届けてくれ、集荷にも来てくれるのでスケジュールも合わせやすいです。

トランクルームと同じ広さを75%OFFの価格で|サマリーポケット

サマリーポケットの3つのプランとボックス

ちくわ

サマリーポケットには3つのコースがありますので詳しく説明します !

1.スタンダードプラン

倉庫へ送られた荷物を1点づつ写真撮影し管理するプランです。1点づつなのでそのまま写真でリスト化できる利点があります。

また何が保管されているかすぐにわかり、その中から必要なものがあれば1点から自宅へ送ってもらうことができます。まさに遠隔操作のクローゼットといえるでしょう。

自宅へ送ってもらうサービスは関東エリアであれば、取り出し申し込みから最短で翌日には自宅に届きます。預けているアイテムで急に必要になっても、1日あれば自宅に届くなんて従来のトランクルームでは考えられません。また、送り先は自宅以外にも設定できるので出張先や長期で滞在している先などでも受け取れます。

しかも、自宅に届いたアイテムが入っていた段ボールは、再度倉庫へ送る際に何度でも使用できるのもうれしいところ。

こちらのスタンダードプランは月1箱¥300~となっていて、取り出し送料は全国一律¥740~となっています。箱の多きさによって月額料と取り出し料が異なりますのでご注意下さい(料金の詳細は後述にてまとめてあります)。

ここまででも十分魅力的なプランですが、さらに、スタンダードプラン限定のオプションサービスがあります。

スタンダードプラン限定のオプションサービス

スタンだとプラン限定で8つのオプションサービスがついています。オプションを確認したうえでプランを選択すると良いですね。

1.おまかせヤフオク!出品

預けた荷物の中でヤフーオークション(ヤフオク)で売りたいアイテムがあった場合に申し込めば代わりに出品してくれるサービスです。料金は落札金額の10%になります。

一見高いようにも思えますが、これが高いか安いかはヤフオクをやっていた私にはよくわかります・・・。正直、安いと思います。

写真を撮って、文章を考えて打ち込み、元の金額や送料を考えて販売金額を設定し、売り出しの期間を決める。これらの細かな設定をすべて行い、出品まですると作業に慣れていても30分くらいかかります。

手間がかかるために、仕事の合間にやりたくてもできない人は多いはずです。そう考えると10%出しても惜しくない内容のサービスだと思っています。

2.ハンガー保管

衣類などの折りたたまれた状態で箱に入っているアイテムをボックスの中から取り出しハンガーにかけた状態で保管するサービスです。料金は1点当たり月¥60~。  

かさばるダウンやたまにしか着ない冠婚葬祭用の衣類、丈の長い衣類などクローゼットで収納しにくい状態の衣類が多い場合には最適なサービスですね。

3.クリーニング

預けている衣類をクリーニングに出してもらえるサービスです。料金は1点¥620となっています。

4.布団クリーニング

預けている寝具(布団など)を1枚からクリーニングに出すことができるサービスです。使用してないシーズンに丸ごと洗えば見えないダニや死骸などもなくなりすっきりと清潔な状態で次のシーズンから使うことができますよ。

こちらのサービスで洗えるものは布団・毛布・敷パッド・枕となっています。金額は1枚¥4,000となっておりそのまま保管しておいてもらえるので便利です。

5.ラグ・マットクリーニング

預けているラグやマットを1枚からクリーニングできるサービスです。なかなか自宅では洗えないですし、季節によってラグなどは変えるので、使用していないシーズンの物を預けている間にクリーニングして保管してもらうのはうれしいですね。

対応している物は1~3畳のラグやマットのようでそれ以上の大きさは別途見積が必要となります。またペルシャ絨毯や低反発の素材の物は受付ができないようで、「緞通」というものも受け付けができないそうです。

私は初めて聞いた単語で「緞通」とは様々な模様を織り込んだ厚手の敷物用織物のことだそうです。使ったことがなかったので知りませんでした・・・。ちなみに料金は1枚¥3,280~となっています。

6.シューズクリーニング

預けている靴をクリーニングできるサービスです。専門のスタッフの方が靴の状態を診断してその靴にあった洗剤やクリーニングの仕方できれいにしてくれます。

履いたままの状態で下駄箱に入れておいてもカビや雑菌の繁殖などがありますので、シーズンオフの靴を預けるついでにクリーニングしてもらうのはいいかもしれません。料金は両足で¥3,000となっています。

7.シューズリペア

先ほど紹介したシューズクリーニングに付随したサービスで、預けている靴のすり減ったかかとや底を、専門のスタッフの方が1足1足丁寧に修理してくれるサービスです。

料金は婦人用と紳士用で違いますが両足¥1,280~となっています。

8.安心サポート

預ける荷物に対して2つのサポートをボックス単位でつけてくれるオプションサービスになります。

まず1つ目は電話サポートです。専用の電話窓口があり 受付時間が10:30~13:00, 14:00~17:30(土日祝日・年末年始を除く)で電話にて荷物の状況や契約のキャンセル等の相談を受け付けてくれます。

2つ目は 「万が一」の事故に備え、1箱あたり最大50万円(1点あたり最大5万円)の補償 をつけられるサービスです。1箱から補償がつけられるのは利用者からするとありがたいですね。金額も1箱¥50となっていますので預ける箱の中身によって選んで補償がつけられるので安心です。ただ保険の詳細と注意事項が細かくあるので補償をつけるアイテムが該当しているかの確認はしっかりしないといけませんね。

オプションは全部で8種類あり内容もサービスも充実しています。こちらのオプションは3つのプランすべてに対応しているものではありませんので選んだプランがどのオプションサービスを利用できるのか確認が必要となっています。

基本的にスタンダードプランは8種類すべてのオプションが利用でき、一番おすすめなプランと言えるのではないでしょうか。

2.エコノミープラン

箱ごとに管理される形で中身のアイテム1点1点の写真撮影はありません。ですが金額が一番お手頃となっており1箱¥250~となっています。

箱の大きさは2種類で大きさによって金額が異なります。箱の中身によって種類の品名を記入しスマホ上では箱のイメージが表示されます。アイテムごとの写真撮影はありませんが箱単位で預ける事ができるのは便利だと思います。

ただ1点ごとの取り出しと送り届けはないので気をつけてください。

3.ブックスプラン

本を点数制限なしで保管してくれるプランになります。

増えてくるとスペースを取る本や漫画ですが売ったり捨てたりはなかなかできませんよね?手元に置かずに保管してもらえれば家はすっきりするし捨てたりする罪悪感もなく楽しめます。

保管している本はバーコードを読み取り作品名や作者ごとに分類されます。バーコードの無い物はまとめて30点まで一緒に撮影可能です。

写真や作品名などで整理された中から手元に送ってもらいたい時は申し込みをしてポスト投函の形で送ってもらいます。重量によっては箱の形で送られることもありますので、送ってもらうときは無駄のないようにした方がいいですね。

また本以外も預けることができて雑誌・Blu-ray・VHS・ゲームソフトなども可能です。「預けられないもの」という注意事項に記載されているモノ以外は大丈夫なようなので内容を確認して利用してみてください。

「サマリーポケット」まとめ

1箱から預けることができるという新しいサービスですが、便利というキーワードしか思いつかない内容でしたね。

今までの保管は借りるボックスに対していれるものが少ないとなんだかもったいない気がしますし、料金も高く感じていました。その点、サマリーポケットは1箱から預けることができるという事でスペースのもったいなさもないですし、料金もとてもリーズナブルです。

プランによっては1点から自分の手元に送ってもらうこともできますし、自分で倉庫を行き来して荷物を探してという手間もわずらわしさもありません。少し狭いなぁと感じる部屋も1箱分なくなるとだいぶすっきりとします。

使ってはいるものの、1年の間に頻繁に活躍しない季節アイテムなどを預けて必要な時に送ってもらい使用するというのは新しい形ではないかと思います。

また増えすぎていく趣味の物を売ったり捨てたりするにも心の準備が必要です^^

手元を離れ預かってもらう内に決心が付いたりやっぱり捨てずにこのまま保管を増やすでもいいと思います。家を荷物のために大きくし引越をするにはこれ以上の時間と準備と決心が必要です。

それならば軽い気持ちで片付けの延長でこういったサービスを利用してみるのもいいのではないでしょうか。気になった方はホームページで詳細を確認してみてくださいね。

関連記事:月額250円~の収納サービス|サマリーポケット       

ハローストレージ

アメリカではもう常識!レンタル収納スペースはハローストレージより

街中でオレンジ色の看板とキティちゃんをみかけたことがありませんか?とても印象に残る外観のトランクルームの会社です。「トランクルームで暮らしを変えてみませんか?」というフレーズがホームページ上で書かれています。

こちらのトランクルームは家庭用と企業用とあり、さまざまな大きさと環境のスペースがあり、ALSOKやセコムによる警備や防犯カメラの設置もされていて24時間セキュリティがしっかりしているので安心して利用できます。

全国展開もしており、物件数も業界No.1という実績もあり、安心できるトランクルームです。

利用までの流れ  

  1. 利用したい物件(トランクルーム)を決める
  2. 申し込み(WEBにてフォーマットからの予約または電話での申し込み)
  3. 契約関連書類の受け取り
  4. 書類の返送と契約金の支払い
  5. 契約完了 鍵の受け取り

以上の手続きが完了した後に、利用が開始となります。ハローストレージでは3種類のトランクルームタイプがあります。

1.屋内型トランクルーム

24時間利用可能な屋内型の収納スペースでセキュリティ完備なので女性の利用も安心です。首都圏を中心に約170000室を展開していて、人気の中規模サイズのトランクルームが豊富な最大級のタイプになっています。

2.屋外型トランクルーム

海上運送用の丈夫なコンテナを利用した大型のスペースです。屋外なのでコンテナの前まで車などが乗り入れられ、荷物の出し入れがスムーズに楽にできます。

3.トランクハウス24シリーズ

トランクルーム専用に造られた無駄をなくした設計の一軒家型の屋内スペースになります。無料の駐車場も完備していて、こちらも24時間いつでも利用可能です。

内装・外装共に清潔感のあるデザインでオレンジ色の温かみのある建物で女性も気持ちよく利用できるのでお勧めです。こちらは建物内のトランクルーム数も多くサイズ展開が豊富で自分に合ったサイズがきっと見つかりますね。

バイク専用トランクルーム

BOX型・屋外型・室内型と複数のタイプから選べるバイク用のトランクルームサービスです。

ボックスタイプパーキングタイプガレージタイプ
雨風対策
入口セキュリティ◎ (南京錠)◎ 
(セキュリティカード)
バリカー
収納棚
コンセント
24時間利用
価格

BOX型

独立タイプで安全性と機能性と利便性を兼ね備えた駐車スペースです。2重のロックで防犯面もしっかりしています。

入り口にはラダーレール(乗ったまままもしくは押した状態でそのまま入れることができるレール)も設置されているので駐車もラクラクです。また、BOX内には小物やヘルメットなどの収納棚も完備されているのでバイク用品をまとめて置いておくことができます。かなりしっかりとした造りなので雨や風も防げて汚れや浸食の心配がありません。

パーキングタイプ

青空タイプの駐車スペースでバイクを止めるバリカーも多数設置されています。屋外なので料金がとてもリーズナブルなタイプとなっています。

ガレージタイプ

屋内スペースを共同で利用するタイプのバイク用駐車スペースになっています。電動シャッターや防犯カメラ付きの建物で専用キーによる認証セキュリティにて出入りするので防犯面も安心です。

建物内には電源コンセントを設置してある場所もありとても便利に利用できます。またロッカーの利用も可能なのでバイク用品などを置くことも可能です。(こちらは別料金になっています)

契約金について

契約金は使用料・管理費・事務手数料・鍵代・セキュリティ登録料・安心保障パックの金額になります。

使用料

当月分の使用料(日割り)から翌月分までの使用料になります。

管理費

当月から翌月分までの管理費

事務手数料

使用料の1か月分になります。

鍵代

屋外は¥4,400・屋内は¥3,080がかかります。

セキュリティ登録料

屋内型トランクルームにて¥1,100かかります。

安心保障パック

1ヶ月¥550で受けれる保障プランの金額になります。

以上が契約の際に必要となる契約金になります。

支払いについて

支払い方法はクレジットと口座振替の2種類になっています。

ハローストレージ まとめ

月額の使用料が荷物の大きさや建物タイプで違うという事はどのトランクルームでもあります。ハローストレージの場合は従来の違いに比べて、地域や場所によっても金額が異なる料金設定になっているので、自分の家と職場の近くで金額が違う可能性があるので確認してください。

こちらのホームページでは収納シュミレーションというページがあります。トランクルームを借りたいけれど果たして自分の預けたい荷物の量がどのくらいのサイズになるかわからないという方向けのシュミレーションになっています。こちらを使うことで簡単にどのタイプにすればいいのかが具体的にわかります。

またシュミレーション画面のアイコンもイラストもわかりやすくて見やすく初めてトランクルームを借りる方にもおすすめです。実際に預けるアイテムと個数を入力すると大きさが算出されます。どの建物タイプにするのか?利用する場所などを選択することができ、すぐに料金が分かるようになっています。

近隣のトランクルームがリストになって出ていて、それぞれの場所の地図やコンテナの設備の詳細なども確認でき自分の借りたい環境が簡単にイメージできるのでとても便利なシュミレーションです。

またお客様の声も充実していて実際に利用した方の体験談がたくさん載っていま。「どのような形での利用者がいるのかを把握した上で自分の利用したい状況と比較できて便利」との声が多数あります。

こちらのトランクルームはとにかく内装も外装もきれいにしているのが印象的です。屋外のコンテナは汚れがちですが、ハローストレージのコンテナはあまり汚いコンテナを見たことがありません。

敷地内もきれいでとてもそういった面を強化している姿勢を感じられます。利用するならばいつ来てもきれいな場所のコンテナを利用したいと思いますよね。

ハローストレージ

スペースプラス

『トランクルーム』『コンテナトランク』収納スペース貸します!スペースプラスより

レンタル収納スペースとして月単位で貸し出しサービスを展開しています。収納物や収納方法を自分で決めて管理できる自由度の高めなサービスが特徴でプランは3つあります。

1.トランクルーム 室内型

空調システム完備のタイプで天候に左右されず、ホコリや湿度にも強い点がポイント。場所によってはエレベーターも設置されているので重い荷物などの出し入れも便利です。台車も借りれます。

いつでも自分の都合で出し入れ可能でセキュリティも万全なので、女性でも安心して利用できます。トランクルーム内のスペースはパーテーションを利用してサイズの調整をしているので荷物の量に合わせて借りれて無駄がありません。

2.コンテナトランク 屋外型

屋外に設置されたコンテナ内に荷物を保管するタイプで、コンテナ前まで車で乗り入れが可能で大きな荷物なども簡単に運べます。鍵を自分で管理するので24時間いつでも出し入れ自由に利用できます。

サイズも豊富で約0.8畳~8.4畳までの10タイプの中から用途によって選べるので自分に合ったサイズが利用できますね。

断熱材を使用したコンテナは通気口も付いていて温度は外気±5度で夏場も安心で、内装もウッドパネルになっていてきれいな仕様になっています。

2階建てのコンテナもあり移動式のタラップで荷物の出し入れをします。こちらのタイプの場合、1階のコンテナより荷物の上げ下ろしが発生するので、2階の場合は1階よりも賃料が割安に設定されている場合があります。荷物の上げ下ろしの手間が気にならない方はお得に利用ができるので、確認してみると良いでしょう。

3.バイクコンテナ

バイクを保管するコンテナタイプのトランクルームです。

自宅近くや勤務先など便利な場所に借りて移動手段を確保できます。こちらの会社では2007年から国内でバイクコンテナを製造して、バイク400台に及ぶバイク専用コンテナを設置・運営しています。

様々な仕様変更を重ね3点の改良によりさらに利用しやすいバイク専用コンテナを提供しているので安心です。

①扉をシャッターに変更

開くタイプの扉は前全開にした場合周りへの注意が必要だったり強風などの影響で傷や破損の心配がありました。そのため扉タイプからシャッタータイプへ変更となりました。

②錆に強い仕様

金属部分を塗料にした場合経年劣化による錆等は完全に防ぐことが難しく、保管するバイクへの心配もありました。今回の改良で全フレームに錆に強い素材を使用しているので、今まで以上に安全なバイク保管になっています。

錆に強い素材とは新日鉄住金の高耐食性メッキ鋼板「スーパータイマR」または日新製鋼「ZAMR」です。

③すべてをボルト締めにする

フレームの組み立てを溶接等ではなくボルトで行うことで現地での作業を可能にしました。クレーンでの設置のみの工程が場所を選ばず置けることで土地の有効活用とコストの見直しが可能になっています。

その他の特徴

  • シャッターの鍵はディンプルキーを採用しピッキングなどにも対策として有効で安心です
  • アルミスロープも完備していてバイクの出し入れがらくらくで、押しても乗ったままでも移動が可能です
  • コンテナ内には棚板もありヘルメットやクローブ等の小物が置ける便利なスペースも設置されています
  • アイボルト(重量物を吊り上げる際に使われる頑丈な金具)を床に直付けすることで、庫内でもチェーンロックができシャッターと合わせて2重のセキュリティがかけられて安心です

契約までの流れ

契約に関してはまず借りたい収納スペースを検索し場所を決めてから種類にて契約をするという形と来社して契約するパターンの2種類があります。借りたい場所が空いているかの確認をしてから予約をして進めていく形になります。

契約に必要な物は下記の通りです。

  • 契約者本人の身分証明書
  • 銀行印
  • 初期費用

契約書類を用意し初期費用の支払いをすると鍵が渡されて使用できるという流れになっています。

また、こちらのトランクサービスは、契約後のサポート体制も紹介されていました。

定期的な巡回の実施

各地にあるトランクルームを定期的に巡回しています。細かな巡回により火災や盗難、設備不良等により事故を未然に防ぐ対策をされています。

早期発見と被害の拡大を防ぐ役目もあり心強いです。また巡回することで施設内などの清掃にも目が行き届き結果としてきれいな状態が続いていることは利用者として気持ちがいいですね。

土日対応のコールセンター

休日や夜間のみ利用する方も最近は増えてきているようで、そういった方たちにも安心して利用できるように年末年始を除く土日祝日もコールセンターが稼働しています。問い合わせの内容も制限が内容で利用の問い合わせや契約内容なども受け付けてくれます。

動産総合保険プラン

万が一の予期しない事故などから預けている荷物を守るための保険も相談でき適切なプランを提案してもらえます。

スペースプラス まとめ

スペースプラスのホームページの印象として土地活用に強いのかなと思ってしまいますが、そんなことはなくそういったノウハウをトランクルームへのサービスとして十分に展開している事が細かなサービスの説明から読み取れます。それはオーナー側の立場が分かればどのように価格に反映すればいいかがよくわかるという点と、どこまでサービスとして提供していいかのボーダーがすでに分かっているという点です。

土地活用のアドバイスや運用イメージがとてもわかりやすく、具体的に検討ができるので単に土地を放置するだけならば駐車場ではなくこういったコンテナスペースで活用したほうがいいかもしれないと思える説明がたくさんありました。

トランクルームの会社は様々な強みがあることが特徴ですが、スペースプラスは土地活用とバイクの保管にとても力を入れてこだわりを感じました。自分が利用する際にどのような点を重視するのかという点においてはとても明確な強みがあるので、あてはまる方はぜひ検討してみてください。

.R(ドッとあ~る)

トランクルームならドッとあ~るコンテナ

.Rは関東・東海(2県)・九州(2県)を中心にして14000室を展開するトランクルームになります。読み方は.Rと書いて「ドッとあ~る」と他にはないインパクトのあるネーミングが印象的です。「クオリティの高いサービスを驚きの価格でいち早くご提供」がコンセプトと書かれていましたので詳しく解説したいと思います。

6つのメリット

1.最安月/¥2,000台からの金額で利用可能

サイズや地域によって価格が変わりますが、1ヶ月の利用料が¥2,000代はかなり安いと思います。安くてトランクは大丈夫なのか?と思ってしまいますがきちんと清掃をしているので衛生的にも問題なくきれいなトランクを利用できるようです。

2.長期利用はキャンペーン適用でさらにお得

6か月以上利用することが決まっている方はキャンペーンを適用すると賃料が6か月間半額(一部対象店舗での扱いとなります)になり、しかも初期費用が最大で2か月割引というキャンペーンまで実施中です。利用を検討している方は近くのコンテナを迷わず検索ですね。

3.手続きがカンタン!

最短で契約用実から利用が可能です。契約方法が5つあり都合に合わせた契約ができるので予定が合えば急な利用でも現地契約でその日から利用も可能です。契約方法に関しては詳しく解説をします。

4.首都圏を中心にトランクルーム14000室の実績

幅広いエリアで様々なニーズに応えながら地域の企画て便利なトランクルームとして確実な実績を積み上げて現在14000室を提供中。その確かな経験からたくさんの顧客からの満足の声が上がっています。

5.トランクルーム室内をお客様が自由にレイアウト

釘は使用してはいけないものの、それ以外は棚を置いての保管も可能です。自分の使いやすい形で収納し保管していくことができるので便利です。

6.トランクルームのプロが相談に親身に対応してくれる

自分がどんなタイプの利用で使用するコンテナのサイズがどんな大きさのものがいいかなどの悩みや、保管期間に関する質問などの様々な問い合わせを経験豊富なスタッフが親身にヒアリングをして適切なアドバイスを丁寧にしてくれます。

トランクルームの3つの種類

1.屋内型トランクルーム(レンタル収納スペース)

都市中心部に多く存在していてビルやマンションなどの屋内に設置されているレンタルスペースで、そのため警備や防犯セキュリティなどの安全面と空調・換気などの衛生面の2つのメリットを生かした快適な収納スペースとして提供されています。

広さは0.5帖~15.2帖の中から自由に選ぶことができ、台車での利用も可能です(台車の貸し出しは無料)。主に気温や湿度などに左右される物を保管したい方にお勧めのトランクルームです。

2.屋外型トランクルーム(コンテナ)

トランクボックスを利用した屋外設置型のレンタルスペースで、住宅街などの都市郊外に多く存在しているタイプの収納スペースです。屋内型よりも比較的費用が安く、トランクの入り口に車の横付けができ収納物の持ち運びがしやすい等の利便性があります。広さは0.6帖~10.5帖の中から選ぶことができます。

3.バイク収納型トランクルーム(ガレージ)

ハーレーなどの大型バイクも収納可能なガレージで大きく奥行きがあるので複数台の収納も可能です。専用スロープや収納棚も完備しているので整備などの作業もしやすい構造になっています。敷地内には照明も付いているので夜間の出し入れも安心でセキュリティも防犯カメラと頑丈なキーロックで大切なバイクを保管します。

屋外型室内型バイク収納型
タイプコンテナ収納タイプレンタル収納スペースコンテナ収納タイプ
設置エリア都市郊外都市中心部都市郊外
料金安い少し高め安い
搬入・搬出車の横付け可能台車によって行う
(無料貸し出し)
車の横付け可能
(折りたたみスロープ付き)
セキュリティ
空調管理
照明
衛生面
収納品例冷蔵庫やエアコン掃除機などの電化製品
ベッドや机などの家具
キャンプ用品などの季節用品
建築資材などの仕事道具
ひな人形などの管理が必要な季節用品
本・法定保存文書
毛皮のコートなどデリケートな衣類
バイク
バイク用品・整備道具・バイクスーツ

バイクの保管はバイク用のコンテナでも屋外型のコンテナでもどちらでも保管できるようです。大きさや幅によって借りたいサイズはまちまちなので実際に保管したいバイクを持ち込んで確認するといいかもしれませんね。

 

契約の流れ

大まかな契約の流れは下記のとおりです。

  1. 借りたいコンテナを選びます。問い合わせをして申し込みをします
  2. 必要書類の受け取りと提出をし、初期費用を支払います
  3. 鍵を受け取り利用が開始となります

契約の種類は5つあります。もっとも行いやすい方法で契約してください。

①WEB契約

申し込みをしてクレジットまたは振り込みで支払いをして、電子契約書にて契約をすると鍵が郵送されます。クレジットなら手続きも簡単で初期費用が¥1,000も割引されるので、とてもお得です。

②現地契約

借りたいコンテナの現地にて担当スタッフと契約手続きを行います。急な利用でも契約ができます。また、借りたいコンテナの下見をした後にそのまま契約も可能です。(この場合は事前に契約の旨を伝える必要がありますので注意してください)

③郵送契約

契約書・鍵を郵送で行い契約金を振り込んで契約します。

④来社契約

本社または事業所にて契約書を交わし契約金を支払って鍵を受け取ります。

代引き契約

契約書等が届けられ、契約金を支払って鍵を受け取ります。初期費用については以下通りです。

1.使用料:当月分の日割りと次月分の使用料

2.補償料:500円/月(非課税)

3.管理費:800円/月(税込み)

4.事務手数料:1ヶ月分

5.メンテナンス費用:5400円(税込み)

以上の金額が契約の際に必要となります。

.R ドッとあ~る まとめ

こちらのトランクルームの売りは価格です。トランク自体の賃料も全体的に抑えめに設定されているという点と、多くのキャンペーンを用いて割引をしている点がお得です。トランクルームでフリーレントのサービスを導入しているのは珍しいと感じますが、利用する側としてはどんどん適用されていってほしいサービスだと感じます。

また屋外型のコンテナをバイクの保管として使えるという点も珍しいサービスですね。バイクは通常バイク用のコンテナの保管を推奨しているトランクルームが多く、掃除の面や衛生面等を考えると次に使う人のことを考えると躊躇してしまいます。

ですが清掃を徹底しそれでもあまり気にならないという方の利用を見越して価格に反映しているという多様な面は柔軟性を感じます。

ホームページ上ではおすすめコンテンツとして種類も豊富な役立つ記事も載せられていました。おすすめの契約方法や保管に関する活用方法、お得なキャンペーンの解説など、どのコンテンツもわかりやすく自分のことと置き換えたり比較しやすい内容でした。

ホームページ上のコンテンツも活用しつつ、自分に合ったトランクはどれなのかを比較検討するとわかりやすいのではないでしょうか?

トランクルームならドッとあ~るコンテナ

キュラーズ

トランクルームならキュラーズ

キュラーズは2020年オリコン顧客満足度調査トランクルームレンタル収納スペース利便性第1位を獲得しています。なぜ満足度1位に選ばれているのか?詳しく見ていきたいと思います。

キュラーズは今までのトランクルームの形態とは少し異なるサービス展開をしています。従来は室内型・外置き型・バイクガレージなどに分かれているのですが、キュラーズはビル1棟を自社で自己所有し室内サービスを展開しています。これは外観・内装・サービス内容も含め今までのトランクルームのイメージを一新する内容となっています。

初期費用について

一般的なトランクルームは手数料や保証金・管理費などがかかります。場合によっては何か月か分を前払いにしなくては利用できないこともあります。

キュラーズはそれらをカットしていて、敷金・礼金・更新料・解約金などもかかりません。自社ビルで所有しているため賃料などのコストがかからず利用料金をリーズナブルにして提供することができるからです。

事務手数料¥0
保証金¥0
管理費¥0
更新料¥0
解約金¥0

保険や補償について

多くのトランクルームでは保険に加入する場合は別途料金を支払ったり、入っていても思っていた内容までカバーされていなかったり後々困ってしまうことも考えられます。

しかし、キュラーズでは火災保険と盗難保険に加入しており、保険の加入料の負担はキュラーズがしているので安心です。

24時間アクセス可能

いつでも自分の使いたいものをストレスなく出し入れしたいですよね?

また荷物の大きさによっては車を使いたいとか、駐車場はどうなっているのか?などアクセスの不安もあるかと思います。

キュラーズでは365日24時間利用が可能です。また館内は明るくBGMも流れているので女性が一人で利用しても安心です。監視カメラも設置しているので一人で利用の不安もありません。

利用者には専用の鍵があるので早朝や深夜でも出し入れができ、例えばガルフに行く前日の夜に取りに行き帰りにそのまましまいに行くなんて使い方もできます。

駐車場も一部店舗(八丁堀店)をのぞいてお客様専用が用意されているので、車で運ぶような大きさや量にも便利に対応できます。台車も無料で借りることができるので車から自分のトランクルーまでの運搬もらくらくできます。

店舗スタッフが常駐している

キュラーズのトランクルーム館内にはスタッフが常駐しているので何か困ったことがあったときも安心です。

また「収納コンシェルジュ」もいるので保管や収納に関しての不安や相談をすることができます。見学をした場合でも現地に常駐しているスタッフなので自分が借りる際のイメージがわきやすいです。その場での契約などにも対応しているので急な利用の際も便利です。

セキュリティと防犯について

キュラーズでは自社保有のビルのため丸ごと1棟セキュリティを行うことができます。建物の出入りの関しては専用キーでの入退室を管理し暗証番号での2重のセキュリティを実施し、エレベーターは自分の契約している階にしか行けない仕様になっています。

館内は日中スタッフが巡回をしており、防犯カメラで24時間監視もしているので安心です。

利用するトランクルームはそれぞれのドアに鍵がありますが、契約時に無料でもらえるものでとても頑丈で複製ができないものとなっています。また天上からの侵入を防止するためにメッシュ状の天井を付けています。防犯の観点と換気の観点の2つの側面からもとても工夫された形状です。

セキュリティにおいてはALSOK(総合警備保障)との連携も行っており、緊急時には警備隊員が現場に急行するので安心です。

温度管理と防カビについて

荷物を預ける際に室内の温度を気にする場合がありますが、荷物にとって気にしなくてはいけないのは温度ではなく湿度です。湿度が75%以上になるとカビが発生しやすくなるので預ける荷物にとっては室内の湿度管理が一番重要となります。

キュラーズでは全店舗に最新の空調システムを導入(キュラーズ・エアーコントロールシステム)しているので、湿度を平均60%以下に設定しカビの発生を365日24時間抑制して維持しています。空気の循環も確保し湿気の停滞を防ぐ工夫もされています。

こういったシステムの監視は各店舗で行っていますが、本社からも遠隔操作で温度と湿度のチェックと調節をしています。また各フロアにセンサーを設置して以上が発生した場合には店舗と本社へ警告が送信されるシステムになっているので常に最適な保管の環境を保っています。

こういった室内コントロールにより急激な空調の調節ではなく緩やかに適温にするのでカビの抑制と共に結露の発生も防ぐことになっているので快適な環境です。

空調の管理は保管荷物だけでなくエコにも効果があると言えます。こまめな空調のコントロールと照明を人感センサーにすることでCO₂の削減と消費エネルギーの削減を実現しています。

建築の面からも窓に断熱材を設置することでより空調の調節が一定に保たれるという効果の他、店舗のエントランスに風除室を設けることで人の出入りによる温度と湿度の変化の影響を最小限に抑えています。

こういったエコへの取り組みも1棟全体で行うことで大きな効果が期待できます。湿度に影響されるデリケートな荷物も万全な状態で預けることができて安心ですね。

館内は清潔感あふれる空間

ビル内の保管施設のイメージと言えば、暗くてカビ臭く1人では行きづらい場所と思っていないでしょうか?ぜひ利用する前に現地を見学してそういった不安がないかチェックしてみましょう。

キュラーズのトランクルームは内装を白やオレンジを基調としたクリーンで明るいフロアを実現しています。館内は明るくBGMが流れていてスタッフが巡回しているので1人で行っても心細さはありません。常に清掃作業も行っているので清潔で気持ちよく利用できます。

利用までの流れ

電話での来店予約・問い合わせをするか、WEBからの利用申し込みで来店予約をします。そのあと実際に見学をして契約をします。

WEBで契約しても1度は現地に行く必要があり、専用キーなどの受け渡しが発生します。

申し込み時に必要な物は以下の通りです。

  1. 運転免許証または保険証
  2. 申し込み時に登録した電話への通話確認
  3. 利用開始月の日割りの利用料と翌月の利用料とセキュリティカード料金(¥2,300税抜)
  4. 口座情報と銀行印(ただし一部の銀行に関してはキャッシュカードでの口座引き落としの登録ができるので、対応しているのであればキャッシュカードのみで登録ができます)
  5. 都合が合わなく代理人が手続きする場合は委任状と被委任者(代理人)の身分証明書が必要です。

キュラーズ まとめ

キュラーズの外観を見たことがありますか?昼間はガラス張りから中のトランクルームの清潔さが良く見えて、夜はおしゃれにライトアップされていてとてもトランクルームとは思えないキラキラしたビルがそこにはあります。

多くのトランクルームの営業形態とは一線を画し独自のスタイルでサービスを展開しています。同じ荷物を預けるサービスのように見えて、中身は今までにない一新された内容です。

トランクルームの設置される場所というのは今までは活用できていない場所を借り上げて場所を作ったり、オーナーと呼ばれる土地所有者が存在しています。この形の場合、トランクルーム側が土地を買わない限り賃料が発生します。これが値段を安くできない要因の一つであることは確かです。

一方で、キュラーズの場合は自社でビルを所有しているので賃料の分がトランクルームに反映されることがなく、余分な経費を載せる必要もありません。

また自社ビルの利点はすべてのシステムを統一して管理徹底できる点です。活用されていないビルの1フロアをトランクルームにした場合、フロアのセキュリティは徹底できますがビルの出入りまでを徹底することは難しい場合があります。

空調やセキュリティの面からも1フロアや一部のみを徹底しても、万全な状態とは言い切れない部分も出てきます。そういった心配はキュラーズのトランクルームではありません。

これで金額が他社のトランクルームより多少高くても仕方ない…というのが今までの考えですが、値段が安くてここまでのクオリティが利用できるのであればぜひ検討してみたいものです。

その昔引越の仕事をしているときにお客様の荷物の一部を運んだことがありましたが、その綺麗さにびっくりしたことがありました。

常駐しているスタッフの方たちも丁寧で確かにセキュリティの面もバッチリでした。

何回も荷物を運ぶのにトラックから建物に往復するのではなく、ホールのような場所に1度保管する荷物を運びそれから保管場所まで運ぶという形でしたが、セキュリティカードを作業員が預かって行き来することは原則だめで契約者本人が必ず付いて移動しなければいけませんでした。

こちらとしては時間がかかり不便な印象でしたが利用する側としたらここまで徹底しているので安心ですよね。ただ中が広く、同じ色みの内装なのでどこがエレベーターか一瞬わからなくなりましたが、ウロウロするとなんだか注意されそうなので探す際にも緊張感がありました笑。

先日はテレビでも少し特集されていましたが、サービスの内容を細かく知れば知る程利用してみたい気持ちが出てきます。家の大切な荷物を保管する際にぜひ選択肢の1つに入れて検討してみてはいかがでしょうか。

全国に店舗あり!トランクルームのキュラーズ

宅トラ

指示するだけでトランクルームから荷物を配送できる宅トラ

宅トラとは利用者がWEBで指示するだけで自宅から荷物をトランクルーまで送ったりトランクルームから荷物を配送するサービスで、段ボールだけではなく大型家具にも対応しています。

運営会社はホームページをパッと見るとカラーリングでヤマト運輸が運営しているように見えますが、(株)クオリティライフ・コンシェルジュが運営をしています。賃貸・分譲マンションでのコンシェルジュ業務を請け負っている会社です。

一般的にはマンションにコンシェルジュが存在しているといえばかなりの高額なマンションがイメージされると思います。そういったマンションでの高品質なコンシェルジュ業務を行っている会社が運営をされているサービスとなっています。

また委託先倉庫としてヤマトグローバルロジスティクスジャパン(株)が名前を連ねています。もちろんヤマト運輸のグループ会社なのは名前からわかる通り、ロジスティクスの運営をしている会社で倉庫の運用を任されています。

管理委託会社としてはマンション内のフロント業務としてクリーニングサービスや家事代行を展開している(株)トモエが加わっています。これだけの名前を見てわかるようにどこをとってもハイクオリティなサービスなのだろうと想像が簡単に出来ますね。それではもっと詳しくサービス内容を見ていきましょう。

宅トラにはプランは大きく2つにわかれています。

1.ボックス料金(カーゴタイプ)

こちらは引越や配送などにも使われている頑丈な鉄製の台車が付いたボックス型の収納スペースで保管をするタイプになっています。その中でもミニボックスとレギュラーボックスの2つがあります。

ミニボックス

段ボールが約24個収納できる。サイズは高さ130cm・横104cm・奥行き104cmとなっていて段ボールと小型の家具や家電・季節用品などの少量サイズが保管できます。

月額保管料 ¥4,980 + 初回引取料 ¥19,000

レギュラーボックス

段ボールが約30個州のできる。サイズは高さ170cm・横104cm・奥行き104cmとなっています。家具・家電など大きめのサイズの物を収納できます。

月額保管料 ¥6,000 + 初回引取料 ¥22,000

どちらも自分の預けたいものがどのくらい入るのかわからないと思います。その場合にはシュミレーションがあるのでそちらを活用すれば何がどのくらい保管出来るのかが詳しくわかります。

2.ちびトラ料金(ダンボールタイプ)

指定のダンボールで荷物を保管するタイプでちびトラ3とちびトラ5の2つのプランがあります。この個数以外の荷物はボックス料金になるというシステムになっています。

ちびトラ3

月額保管料 ¥1,480 + 初回引取料 ¥4,500 + ダンボール ¥900(1個¥300)

ちびトラ5

月額保管料 ¥1,980 + 初回引取料 ¥7,500 + ダンボール ¥1,500(1個¥300)

荷物の配送料金

倉庫からの配送料金: ¥1,500

倉庫への配送料金:宅急便の料金に準じます

サービスの流れについて

1.申し込みをする

WEBから申し込みをすると「スタートアップキット」が送られてくるので書類に署名と捺印をして返送します。

2.荷物を預ける

荷物を自分で梱包しヤマトに集荷依頼をします。自宅にスタッフが来るので集荷してもらい倉庫まで運んでもらえます。

3.保管をする

預けた荷物を倉庫スタッフが写真を撮影して専用サイトで確認ができるようにしてくれます。専用サイトで閲覧できる内容が、荷物リスト・荷物の画像・自分で書いたNeko Memo画像(「スタートアップキットに同封されているメモ」)・荷物のサイズや容積となっています。

4.出庫と入庫

WEB画面で出庫依頼をすれば希望の場所まで届けてくれます。また入庫もWEBで依頼すれば指定した日時でヤマトスタッフが集荷に来てくれるのが嬉しいですね。

宅トラ まとめ

内容としてはわかりやすいサービスでかなりの高品質なイメージがあると思います。主にコンシェルジュが在中しているような富裕層向けのサービスをメインターゲットとしていて、そういったハイクオリティなサービスを求めている人向けのサービスなのではないかと感じました。

そういったコンシェルジュを利用するかた、家事代行を利用する方の生活の延長上でのトランクルームサービスと考えればよりわかりやすいかもしれません。

料金については上記に書かれた金額以外の表記がないので、初期費用として考えれば簡単でわかりやすく意外と手ごろな金額でハイクオリティな荷物保管ができることになります。

ただ1つ注意しなければいけない点があります。短期保管に対応していないという点です。最低保管期間を6か月と設定しているので、6か月未満でも6か月分かかるという事です。6か月以内で解約した場合には、初回引取料・6か月分の保管料・全量出庫料がかかるということになります。

ですので長期で必ず荷物を預けるという事が分かっている方にはいいサービスかと思いますが、何か予定が変更になり早めに解約となると少し負担が大きくなります。

この点だけ注意すればサービス内容に関しては間違いはないと思いますので、ハイクオリティな保管を望まれる方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

指示するだけでトランクルームから荷物を配送できる宅トラ

加瀬倉庫(加瀬のトランクルーム)

【加瀬のレンタルボックス】

加瀬倉庫はトランクルーム事業を40年以上経営している実績があり、レンタルボックス・トランククルーム・貸会議室等の事業を全国展開している会社です。

加瀬倉庫では4つのサービスがありますので詳しく解説します。

1.レンタルボックス

屋外型の収納スペースで、レンタルボックスを置きその中を貸し出ししている収納スペースです。借りているボックスの扉の前までくるままの乗り入れができるので大きな荷物や資材の積込など出し入れが楽で、自由に何度でも利用できるので自分の都合の良い使い方ができます。

サイズは0.7帖~8帖まで取り揃えていて内装も有り無しが選べて種類も豊富です。また1階部分と2階部分があり2階部分は1階よりも使用料が安く設定されています。

2階を利用する場合は専用の移動式階段が設置されているので安心して荷物の出し入れができます。

2.トランクルーム

屋内型の収納スペースでビル等のフロアを自社開発のパーテーションで区切ったスペースをレンタルしています。24時間セキュリティ完備なので女性でも安心して利用ができます。

トランクルーム内は台車が常設されているので搬入や搬出も簡単に行えますし、使用は無料になっています。また仕切っている独自のパーテーションは通気性がよく特注品のため株や湿気対策も施されていて発生の抑制に効果が期待できます。また天井は全室メッシュ素材でこちらも保管の際の荷物に安心です。

鍵に関しては入口とトランクルームの2重ロックを採用して、大切な荷物を守っています。合わせて24時間のセキュリティが完備されているのでさらに安心です。

サイズは0.5帖~4帖の一番使いやすいタイプを多く取り揃えているので気軽に自分のクローゼット代わりに利用できます。

3.バイクヤード

バイク専用の収納スペースで屋内型と室内型と2種類あり月極で貸し出されています。

個別収納型スペース

バイク専用に改良されたトランクボックス型の収納スペースで、ボックス内は1.3m×2.7mととてもゆったりとした空間になっています。収納棚も付いているので小物の収納もできます。

盗難防止用のバーがボックス内にあるのでしっかりチェーンロックなどもかけられますし、スロープもついているので出し入れも楽にできます。自分専用のバイク収納スペースなので安心して保管できます。

屋外ライン型スペース

レンタルボックスなどが設置されている敷地の一部に区切られたスペースでバイクを保管スペースで、扉の開け閉めもなくすっと出し入れができる格安の収納スペースです。セキュリティの面は心配がありますが自分でできる限り対応するから安く借りたいという方にお勧めです。

屋内共同スペース

屋内の区切られた駐車スペースを複数の方たちで共同で利用するタイプの駐車場スペースになります。駐車場は24時間セキュリティ完備になっていて入口の解錠には契約者専用の鍵が必要です。

契約者以外は入れない仕組みになっています。また屋内なので雨や風などの天候にも左右されないので汚れや転倒による傷なども安心です。

4.ガレージ倉庫

屋内型の大型倉庫タイプの収納スペースになり、保管だけでなく作業場としての活用も可能になっています。通常の荷物の保管から大量の在庫の保管などにも活用できますし、在庫保管しながら作業するという便利な使い方ができます。

サイズは5.9帖~60帖までと大小さまざまなサイズを展開していて、24時間セキュリティ完備でいつでも出入りが可能になっています。また室内倉庫なので雨や天候の悪化の心配がないので荷物の雨漏りや作業の水濡れなどからも防ぐことができます。

契約に関して

契約の方法は3つありネット契約・電話契約・来社契約となります。流れはほとんど同じようになっていて、身分証などの用意の仕方が若干違うようです。

ネット契約

ネット契約はWEB上で申し込みをし申し込みフォームを記入して申し込みとなります。専用のURLが書かれたメールが送られてくるので内容を確認後通知されたURLから申し込みをします。

身分証などはスキャナー画像や携帯のカメラなどの写真を添付して送ります。支払方法を選び申し込みが終わると審査をし、審査が終われば利用が開始となります。トランクルームを契約した場合、鍵は宅配便で手元に届けられます。

電話契約

電話で借りたい物件を申し込み、必要書類をFAX/郵送・メールのいずれかで受け取り返送をして契約をする形になります。あとは審査が行われ利用開始まではネットの契約と同じになります。

来社契約

申し込みに必要な物(身分証・クレジットカードまたは印鑑など)を持参して、新横浜の事務所へ行き申し込みをします。

受付時間は9:00~11:30と13:00~16:00となっていて来社した際に必要書類に署名と捺印をして提出します。

その場で書類がそろっていれば審査をすることができ、初期費用を支払うことでその場で利用開始ができます。ただその場での利用開始に関しては審査には30分~1時間ほど時間がかかることもありますし、平日限定という事もありますので急ぎの方は詳細をよく確認してからの方がいいでしょう。

初回費用について

初回の費用については以下のようになります。

-レンタルボックス・バイクヤード-
  • 当月分の日割り使用料
  • 翌月分の使用料
  • 共益費 
    • 1.0帖以上:¥2,000(税別) 
    • 0.9帖以下:¥1,000(税別)
    • バイク屋内共同:¥1,000(税別)
    • 屋外ライン型:¥500(税別)
  • 事務手数料 月額使用料の1ヶ月分
-トランクルーム-
  • 当月分の日割り使用料
  • 翌月分の使用料
  • 共益費 一律¥2,000(税別)
  • 事務手数料 月額使用料の1ヶ月分
  • 鍵は宅配便で代引きにて受け取った際に支払います。

注意としてはバイク専用スペースはスロープが付いていますが、外置きのコンテナタイプで荷物と一緒にバイクを保管する場合は別途スロープをレンタルする必要があります。

送料が初回契約時で¥3,000となっているので(契約後は¥4,000)自分の預ける荷物がバイクの場合は確認してください。

契約金は月の末締めの1か月単位での契約となり解約の申し入れがない場合は自動更新となっています。

解約に関しては解約予定月の前月末までに「解約届書」を提出することで解約になります。解約に関しての日割りはないようなので注意が必要です。

加瀬倉庫 まとめ

全体的にわかりやすく使用方法が分かれていて、ホームページでも細かく説明がされていて借りる際のイメージがしやすい印象です。収納スペースの写真も多数掲載されていて、その現地の写真も見れるので自分の借りたい地域の場所の写真が確認できて安心でした。

またそれぞれの場所ごとで割引のキャンペーンが違うことも特徴の一つになっています。通常サービス全体をキャンペーンにすることはありますが、各コンテナごとやスペースによって割引率や金額が違うという事も借りるがわからすると選択肢が増えてとてもいいと思います。

写真の特徴と言えばもう一つ。コンテナ内の収納イメージの写真がとてもわかりやすくてパッと見てすぐにわかる工夫がされています。

サイズの記載はもちろんされていますが、実際荷物を入れるとどのような感じで収納されていくのかがすぐに分かります。パターンも種類も豊富にあるので自分の預ける荷物に照らし合わせるとコンテナサイズもぴったりの物が選べますし、荷物のチョイスも無駄がなくなり効率よく利用できると思います。

また加瀬倉庫では少し面倒な梱包用の資材の販売も行っていてこちらも便利に活用できそうです。自分で荷物を梱包する際に段ボールなどを購入しに行く時間がない場合やお店に在庫がないなど、時期によっては思うように資材が手に入らない時も必要な資材が購入できるサービスがあります。

こちらはセットで販売とバラで販売の2種類があり資材の種類や数量のわからない初めての方でもわかりやすく購入ができます。

加瀬倉庫は昔からあるトランクルームのさきがけといった印象があります。自社の強みと経験を活かし様々な時代に合った形で事業を展開しているのではないでしょうか。

常に新しい形を提供し成長し続けているという事は企業としても素晴らしいことだと思います。トランクルーム選びの候補の一つとして検討してみる価値はあるでしょう。

トランクルーム まとめ

今回は6社のトランクルームをご紹介しましたが、サービス内容など様々で各社特色が出ていたのではないでしょうか?

まず駅の近くなどの都心部で自宅や会社などの動線を考えての利用の場合はキュラーズやハローストレージ、2つのトランクルームサービスがおすすめです。

展開エリアやサービス内容などを考えると人の出入りが多い場所や主要都心部などに設置されていて利便性がとても良いように思います。自分の動きの中でトランクルームを借りたい方はチェックしてください。

郊外などで車での移動が多い方や預ける荷物が多いなどの方はスペースプラスや.R(ドッとあ~る)や加瀬倉庫がおすすめです。広い敷地にたくさんのスペースを設け清掃も行き届いていて、車での行き来も楽にできて安心して利用ができます。あまり人と会わずに荷物を出し入れしたい方などはぜひ検討してみてもいいかと思います。

とにかく家から出ずにトランクルームを借りたいという方は、サマリーポケットと宅トラがおすすめです。家から出ることなく荷物を預け、出ることなく必要な荷物を受け取るという新しい形ですが、様々な事情により簡単に家を出ることができない方にはとてもうれしいサービスです。小さな赤ちゃんがいるご家庭や体調に不安のある方なども安心して荷物を預けることができて便利ですね。

「荷物を預ける」という1つの行動ですが、環境や事情や利用状況は本当に人それぞれで、その1つ1つの要望にあったトランクルームのサービスが今はとても充実しているように感じます。選択肢がたくさんあるという事は迷いもしますがそれだけ自分に合ったサービスが自分で選べるという事なので、じっくりと考えてみてもいいかと思います。

荷物を預けて部屋がすっきりすれば、気持ちもすっきりとし、明るく新しい生活のスタートが始められるのではないでしょうか?

この記事が気に入ったらいいね!
いいね ! しよう

Twitterをフォロー!
ABOUT ME
mei82
mei82
引越し業界、運送業界で20年以上働き、現在は専業主婦。新しいスキルと経験のためにいままでの経験を生かした情報発信をすることを決意。 40代/女性
この記事を読んだ方はこちらもおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください